iphonekaba へようこそ! 新規登録 ログイン

iPhone6s写真撮る心得、三つのスデップでハイビジョンな月

まずは、iPhone6sが普通の状態で撮った月の写真、効果は特に悪くはないが、絶対に素晴らしいとは言えない。次は、どうやって三つのスデップを通じて写真効果を改善するのか、一緒に見よう。

iPhone6s写真
iPhone6sのカメラ

スデップ一:iPhone6sのカメラを起動、操作画面でカメラの焦点距離を最大にする。

スデップ二:スクリーンで月の位置をクリックし、フォーカスする。

iPhone6sのカメラ

スデップ三:フォーカス枠外の部分を押し、下へスライド(目的は明るさを調整)、いい感じになるまで。画像から見れば、月の撮る効果が前よりずっと良くなった。

上記の三つの操作スデップを経過、基本的に前よりハイビジョンの写真が得られる。もしまた少しぼんやりしているなら、第二と第三のスデップを繰り替えすればいい。iPhoneカメラのデジタルフォーカス機能が専門の撮影設備に比べにならないだが、少し簡単な調整で写真効果が上がるのは嬉しい。

なお、iPhoneで一部のパラメータが調整できる写真アプリをダウンロードして写真効果を上げる方法もある、たとえばシャッターを上がるやISOを下げるなど。多くのユーザーがiPhoneカメラがフォーカスした後スライドができることは知らない。

ちなみに、カメラのISOの意味は感光度。暗い状態でISOを上がるとシャッターの速度が落ちる。つまり、こうすると写真がぼんやりしない。しかし、高ISOが写真の粒状感を増強、低ISOが写真をもっと细やかにする。


iPhone6s相関記事:

どうやって正確的に16GBのiPhone6sを使うのか?

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません