iphonekaba へようこそ! 新規登録 ログイン

高値のiPhone8は11/12月発売遅れかもう

1,200ドル(約135,000円)高値のiPhone8は発売が遅れても、記録的な販売台数となり、Appleの業績を押し上げるとのレポートを投資会社Guggenheimのアナリスト、ロバート・シーラ氏が発表しました。


  • iPhone8の最低容量と価格:

今秋の発売が噂されるiPhone8は、最低容量である64GBの価格が1,200ドル(約135,000円)と予測があります。

またアイフォンファン気にいるの発売期間と言うのは、有機EL(OLED)ディスプレイ関連の技術的問題による量産開始の遅れも指摘されており、発売が例年の9月ではなく、10月になるとの予測や、さらに遅れて11月か12月になるとの噂にも出ています。それにシーラ氏は、iPhone8の発売が遅れる可能性は認めながらも、多少の遅れであれば、iPhoneユーザーが他ブランドに乗り換えることはなく、Appleの業績にも影響しないとの見通しを示しています。インストールベースで世界に7億台以上あるiPhoneのうち、40%以上が購入後2年以上経ったモデルであることから、大規模な買い替え需要が見込まれるます。



シーラ氏からiPhone8の価格は、同じく今秋発売のiPhone7sよりも最大400ドル(約45,000円)程度高くなるはと予測しています。現行のiPhone7のアメリカでの販売価格が32GBで649ドル(日本では72,800円)、128GBで749ドル(日本では83,800円)であることを見ると、iPhone8の価格は約1,000ドルを超え、日本では11万円~12万円程度になりそうです。
 

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません